富山県の”洗濯の達人”の集団です

クリーニング機械の歴史

最初に国産クリーニング機が作られた大正3年 からです。
日本のクリーニング機械は、様々な時代背景導かれ進化・発展を遂げながら今日を迎えています。

黎明期1900~1924
明治37年
粉末石鹸国産化
39年
白洋舎創業(石油系ドライクリーニング開始/ベンジンソープ自作)
43年
白洋舎がドライクリーニングに自揮ガソリン使用
大正元年
外国よりクリーニング機輸入
日本で取替え式焼きゴテ開発
大正2年
東京洗染組合設立
外国よりプレス機輸入
大正3年
桝田商会設立(動力式洗濯機、遠心分離機、蒸気アイロン国産化)
マルセル石鹸国産化
大正4年
国産ベンジンソープ発売
大正7年
日本ドライクリーニングに自揮ガソリン出回る
大正9年
欧州でトリクロロエチレン機発売
日本でガスアイロン使用
米国でストッダードソルベント開発
粉末マルセル石鹸国産化
大正12年
日本で電熱アイロン使用
ドイツでパーク溶剤使用
ストッダードソルベント輸入
大正13年
ランドリー用ベルト式洗濯機手回し脱水機国産化
大正14年
ドライホールセール第1号設立
グローバー、ホフマンプレスなど輸入
日本でトリクロロエチレン使い始める(実用化は、昭和12から13年)
東京に機材商第1号発足

 

発展期
1925~1949
昭和3年
全日本ドライクリーニング組合結成
東京ドライクリーニング安全協会設立
蒸気アイロン(ガス及び電熱)国産化
4年
日本洗染工学校設立
5年
国産粉末石鹸普及し始める
アメリカのソアー社攪拌識洗濯機輸入
6年
全日本ドライクリーニング工場連盟結成
7年
神戸の神野氏、ドイツより四塩化炭素機輸入
9年
大阪の柴垣氏がトリクロロエチレン機自作
乾燥機国産化
ウール洗い用高級アルコール洗剤販売
10年
日本でパーク溶剤普及が進む
11年
トリクロロレチレン機国産化
17年
クリーニング業Hは戦時統制により工業部門第2類染色部に入る
18年
クリーニング組合は全国衣料洗染統制組合とする
20年
米軍施設QMランドリー開業
21年
ベルト式石油ドライ機トリクロロエチレン機国産再開
石鹸類統制解除
22年
東京都クリーニング商業協同組合結成
23年
統制組合離脱
全国洋洗業協同組合連合会を組織
24年
民需クリーニング復活
トリクロロエチレンドライクリーニング復活

※移転しました TEL 076-461-3733 〒930-0039 富山県富山市東町3丁目2番17号 富山県浴場会館3F

PAGETOP
Copyright © 富山県クリーニング生活衛生同業組合 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.